【宿泊記】東京ドームホテルに泊まってきた!【建築】

【宿泊記】東京ドームホテルに泊まってきた!【建築】

「東京ドームホテルってどんな感じなのかな?誰か感想を教えて!」

こんにちは!ただの建築好きです。

先日、東京都にある東京ドームホテルに泊まってきました。

建物の設計は、世界的に有名な日本人建築家・丹下健三氏が手がけています。

まず建物が凄いです。

東京ドームシティという複合レジャーランドの入り口にあり、建物自体が「門」を表しています。

そして丸みのおびた建物で、曲線がよく見られました。曲線は格式張らずカジュアルに楽しめるよう、軽快でアクティブな様子を表しているそうです。

泊まってみると、高層階の部屋から見える景色が最高。

はじめてビル群が見えるホテルに泊まったので、一人で静かに感動していました笑。

少し古さも感じますが、その分値段も高すぎません。

リフレッシュにもなり、泊まってよかったです。

そんな感じで、「【宿泊記】東京ドームホテルに泊まってきた!【建築】」を書いていきます。

全国旅行支援 開催中!

現在、全国旅行支援(ホテル最大20%OFF+クーポン最大2,000円)が開催中です。

期間は、2023/1/10~ 最長3/31まで。
※売り切れ次第終了。

開催中の都道府県が見られる、特集ページは以下からどうぞ。↓

一休.com楽天トラベルじゃらんnetYahooトラベルJTBるるぶ

東京ドームホテルに泊まってきた宿泊記

外観

水道橋駅から徒歩3分で、東京ドームホテルに着きます。

駅周辺から、早速見えます。立派。

こう見ると、ホテルや隣の施設、観覧車などすべて曲線が使われています。

下から見上げます。凄い。

平面部分は客室、端の円形はエレベーターです。

たしかに、建物全体で「門」のようになっています。

左右にエレベーターが5,6基ずつ付いています。

総部屋数は1006部屋。人をさばくには、こんなに多くのエレベーターが必要なんですね。

こんなに大きな建物なのに、スタイリッシュでかっこいいです。

下層部にはエントランス、レストラン、チャペルなどが入る半円形の低層棟が。

真横から見るとこんな感じ。薄い!

この薄さは、隣りにある「小石川後楽園」という庭園からの景観に配慮しています。

入り口も豪華。水が流れています。

エスカレーターまで付いています。

チャペルがあるので、この階段も使われるのかもしれません。

エントランス外です。

建物の裏側には、水が張ってあります。

エントランス内からも見えます。

豪華過ぎる気もしますが、もしかしたら結婚式のときに利用するのかも。

裏側には東京ドームシティがあります。

楽しそうです。

エントランス

では、エントラスに入っていきます。

この持ち上げられた舞台は、結婚式場として使うそう。

ここでチェックインをしました。

受付の方は、丁寧に対応してくれました。

天井を見ると、円形のライトがたくさんあります。

たしかに、アクティブな印象を受けます。遊園地近くにあるホテルにぴったり。

ちなみに、丹下氏による千葉の高層ホテルは、三角形が多用されていました。

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉

建物も三角形ですし、こう比較すると面白いです。

室内にも水が流れています。豪華。

奥はガラス張りで開放があります。ここはホテルラウンジになります。

ホテルラウンジからの景色が良い。ここだけの利用も良さそうです。

内観

内部に入っていきます。

エレベーターホールが円形です。

円形のエレベーターホールはあまり見たことがなかったので、少しテンションが上りました。

エレベーター内はこんな感じ。

今までで一番豪華でした。

ちなみにエレベーターからはスカイツリーが見えました!

ただガラスは汚め笑。丸くて清掃ができないのでしょう。

部屋に行きます。

少し古めですが、綺麗です。

ちなみに外国人観光客をよく見かけました。東京観光の拠点となっているのかも?

カードキーで中に入ります。

部屋

部屋に入ります。うおっ!

景色が!

景色が!

景色が良い!!

都心のビル群が見えます。

こういうビル群が見えるホテルに初めて泊まったので、テンション爆上がり。

道路も見えます。紅葉も良い。

どれだけ見ても飽きませんでした。最高のストレス解消です。

部屋も見ていきます。

ベッドが大きいです。

予約したのはシングルルームなのですが、シングルベッドということでは無いのですね。笑

そういうことか、よかった良かった。

東京ドームホテルの良さはここ。部屋が広い!

椅子とデスクがあります。

ふかふかの椅子と、ガラステーブル。

加湿付きの空気清浄機。

この子のおかげで、翌朝は喉が無事でした。サンキューです!

サイドに電源がついているデスク、仕事ができます。

デスクからの眺め。仕事するには最高すぎです。

3泊ほどすればもっと良さが分かりそう。

枕横のデスク。

アートもあります。

東京ドームの隣なので、スポーツ系のアート。

少し小さめのテレビ。

と言っても、テレビは見ないので問題なし。

館内着です。

ライトやランドリーバッグ、冷蔵庫、金庫などがあります。

ケトルやお茶、ミネラルウォーターは1本あります。

クローゼットです。ちょっと古めでした。

バスルームに入ります。

バスルーム

バスルームはこんな感じ。

少し古めですがキレイで、清潔感がありました。

洗面台はこちら。

アメニティーは必要十分です。

シャンプー入れは簡素なタイプ。キシキシにならないやつでした。

夜ご飯を食べるために外に行きました。

冬前なのでツリー的なもの。

レジャーランド内なので、楽しい空気が半端ないです。これがホテルから出てすぐにあります。

飲食店も沢山あって、食事で困ることはありません。

飲食店が集まった施設も隣りにあります。この丸い建物。

夜ご飯を食べて、部屋に戻りました。

部屋からの夜景です。素晴らしい。

この夜景を見ながら、コンビニで買った夜食を食べて、温かい飲み物を飲んでいました。最高すぎです。

景色を堪能して、色々して、眠りにつきました。

翌朝

翌朝、カーテンを開けると朝日が!

最高です。

よしっ、ジム行こ!ということで、近くのエニタイムフィットネスに行きました。

徒歩15分くらいのところに2軒もあります。

朝日に照らされた東京ドームホテル。

美しいです。

ジムに行って朝食を食べて、部屋に戻りました。

チェックアウトまでの時間、椅子を窓に向けて、外をゆっくり眺めていました。

最高の気分転換になりました。

色々と準備しつつ、チェックアウトです。

良いホテルでした。感謝感謝。

東京ドームホテルに泊まってきた宿泊記 まとめ

この記事は、「【宿泊記】東京ドームホテルに泊まってきた!【建築】」を書きました。

東京ドームホテル、良かったです。

まず丹下健三氏の晩作に泊まれる満足感がハンパないです。

さらに部屋も広めなので、快適にリラックスできました。眺望も最高です。

外を出るとレジャーランドなので、その非日常感も良かった。

ぜひ興味のある方は泊まってみてください。後悔させませんよ。

以上、「泊まれる有名建築」でした。

>>「東京ドームホテル」の詳細はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です